サイトTOP

財政難の私がエステの脱毛に行くのは難しく・・・

エステでの脱毛は現実的に厳しい部分も…脱毛といえば、エステに通う方も多いかもしれませんが、やはり経済的にも時間的にも余裕がないと通い続けるのは大変です。

最近は安くなった光脱毛も、終了までに何度も通う必要があるので、お仕事が忙しかったり、小さいお子さんがいたりすると、なかなか定期的に通うことも難しいですよね。 脱毛したい部位が増えれば、その分お金もかかってしまいますし・・・。よく脱毛を始めると、あそこもここも・・・というように、どんどんとパーツを追加したくなると話を聞くので、やはり総合的に見るとお金が必要です。

脱毛器なら一度購入すれば、気になったときにいつでも自宅で脱毛ケアをすることができます。 脱毛器を買うときだけお金を払えば、後はたまに付属品を変えたりするだけで、全身どこでも好きなときに脱毛ができるのは、エステに通えない私にととっては非常に嬉しいことです。

わたしが使っているのは、パナソニックの泡ソイエという機種です。 この泡ソイエにはオススメできるポイントがたくさんあります。

まずは、「防水式」であること。
お風呂で脱毛ケアをすることができます。 お風呂で温まった毛穴は柔らかくなっているので、脱毛時の痛みを軽減することができるんです。
また、「泡ソイエ」という名前通り、ソープを使用してきめ細かな泡でお肌を包み込みながら、優しく脱毛ケアできます。 そしてお手入れ後もそのままお風呂で脱毛器を水洗い! 防水式の脱毛器は、いいことづくしです。

実際に使ってみて、お風呂でケアすると、本当に痛みが少なく感じました。 とっても優秀な脱毛器だと思います♪ 脱毛ヘッドは2種類あり、腕・脚用の幅の広いヘッドと、ワキ・ビキニライン用の幅の狭いヘッドがあります。

かかとのガサガサ角質をケアできるのも嬉しい!

角質ケアもできるのがオススメこの泡ソイエには、脱毛ヘッドのほかに、「角質ケアヘッド」も付属しています。個人的にはこの角質ケアができるのが嬉しいです。

この付属のヘッドを取り替えると、今まで軽石でがしがしとこすっていたかかとの角質ケアができてしまうのです! 乾燥肌のわたしは、冬になるとカカトがガサガサのカチカチになっていまうのですが、角質ケアをすることで、ツルツルなカカトを保つことができます!

お風呂に入っているときに、脱毛できて角質ケアもできるなんて、めんどくさがりの私にはこれほど楽なことはありません。今まで冬になるとかかとのせいで、どれだけストッキングに穴を開けてきたことか・・・。そういう無駄な出費を抑えてくれる役割もあります(笑)

使いやすさを考えて、コードレスの充電式なのもお奨めできます。 約1時間の充電で、約40分間使用することができます。 専用のポーチもついているので、旅行にも便利ですよ。 お肌を出さない冬こそ、お家でゆっくり脱毛ケアするチャンスです♪

正直な話・・・良い事ばかりではありません

こんなに素晴らしい泡ソイエですけど、実はデメリットもあります。 そりゃ当然ですよね。いい事ばかり!なんてモノが、この世に存在するとは思えませんもの。

気をつけなければいけないのは、お肌の傷み具合です。毛を抜くときの「痛み」ではなく、お肌の状態を示す「傷み」のことです。 私もソイエを買った後にネットで知った内容ですけど、ソイエで毛穴がボロボロになったり 埋もれ毛が大量に出来てしまったり、というトラブルになる人もいるみたいです。

みんながみんなということでは無いと思いますけど、使い方や使用している期間によっては、そういった問題も出てくるのかもしれません。 私は現段階だと、まだソイエ使い始めて間もないペーペーなので特に困ったことはありませんが、お肌のことを考えると脱毛エステに行くのが 一番負担は少ないのかもしれません。

◆ソイエを使い始めて1年が経ち・・・(追記)

ソイエを使い始めて、1年以上が経過しました。角質ヘッドには相変わらずお世話になっていますが、だんだんと脱毛ヘッドを使う頻度は前に比べて減ってきました。その原因は、このホームページを作ったときにも触れた「お肌の傷み」です。

まだ使い始めた頃は、「長い間使ってると、そんなこともあるのかな?」と安易に考えていましたが、2~3日おきぐらいの頻度で脱毛をしていると、恐らくですがお肌が強い女性で無いと赤みや毛穴のブツブツが目立ってくると思います。事実、私も脱毛しているのにお肌が汚いという本末転倒な状態になっております。

私のような状態になっている女性は意外と多いみたいで、こちらのホームページ(→ソイエの口コミサイト)でも同様のことが書かれていました。やはり、脱毛は自分でするのではなくてソイエを買うのにもお金を払うわけですから、多少の出費は割り切ってでもエステに行く方がいいのかもしれません。